インターネット誹謗中傷に対処!!個人でも対策する必要のある世の中


インターネットの匿名性

インターネットは気軽に情報を発信する事ができ、様々な意見なども掲示板などに書き込む事で主張する事ができます。匿名性も高く個人を特定できる方は少ないため、日頃の本当の想いも発言しやすくなるでしょう。誰にも知られていないからこそ普段は暗くて、友達もいなく、人に馬鹿にされるような人間でも気が大きくなり、強い口調で発言する事もあるかもしれません。普段虐げられている人間は、インターネット誹謗中傷などを行って鬱憤を晴らしている事もあると言えます。

様々なタイプの誹謗中傷

インターネット誹謗中傷においては様々なタイプがあり、ただ言い合い喧嘩する事を楽しむタイプや恨みを持って発言するタイプ、ただの鬱憤晴らしなど他にも様々な心理状態があるでしょう。ブログなどの記事に対して誹謗中傷を行う場合には、同じジャンルのライバルやその情報が気にくわない場合などにも行う可能性があるかもしれません。これらの方々の心理状態を把握して、それぞれに対処していく事で多少は早く解決できる事もあると言えます。

それぞれにおける対策を検討しておく

喧嘩したい方が相手の場合には、こちらからアクションは起こさずにただの無視し続ける事で収まる可能性もあるでしょう。反論すると思う壺ですので注意が必要であり、心を強く持ち哀れな人間だとスルーすると良いかもしれません。恨みを持っている人間は定期的に荒らしに来る可能性があり、ソーシャルネットワークサービス上であれば、アカウントを変更する事も検討すると良いです。ブログのコメント欄に関しては削除や閉鎖も検討して、対処すると良いでしょう。

SEOとは検索エンジン対策の事で、見てもらいたいサイトの検索順位を上げることを目的にしています。対して逆SEOは見てもらいたくないサイトの検索順位を下げることを目的とした対策です。