ネット誹謗中傷が問題になってきている


誰でも自分の意見が言えますが・・・

インターネットが普及するようになり、SNSや掲示板などで誰でも自分の意見が言えるようになりました。

インターネットがない時代よりも、ネットを通じて色々な人達とコミュニュケーションが取りやすくなり、日々多くの人が利用して賑わっています。

しかし、インターネットで誰でも意見を言えるということは良いことばかりだけではなく、ネット誹謗中傷が問題になりつつあります。

インターネットを利用する場合は、ネットリテラシーやセキュリティを意識して使うことが大切です。

相手も人間だということを忘れずに

ネット誹謗中傷に苦しんでいるという人は、ここ最近増えている傾向にあります。

自分がやっているブログなどのコメント欄にしつこく誹謗中傷の書き込みをされてしまい、ブログをやるのをやめてしまったという人もいらっしゃいます。

中にはネット誹謗中傷がもとになり、名誉棄損や侮辱などの訴訟にまで発展してしまったケースもあります。

こうならないようにするためには、例えインターネットで相手の顔を見ないで意見を交換できるとしても、思いやりの精神が大切になってきます。

被害を受けてしまったら

ネット誹謗中傷対策にはセキュリティが重要になってきます。

特に自分の住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報を自分の意図しない形で拡散されてしまっているのでしたら、早急にセキュリティ対策をしましょう。

このようなことをされてしまったら、拡散されているサイトの管理人に削除依頼を出すということがお勧めです。

あまりに悪質な場合はサイバー犯罪として通報するということもできますので、このことも検討してみましょう。

ネット誹謗中傷は個人・会社を問わず名誉に関わる事が多いので、誹謗中傷を受けた場合はインターネット関連の事件に詳しい弁護士に相談すると良いでしょう。