動画配信の視聴分析ができるサービス


ユーザーの視聴分析が可能に

動画配信をしていると、ユーザーがどれぐらい見ているかが気になります。ユーザーの視聴分析が行えるサービスがあります。動画は世界中のユーザーが見ていますから、どこの国のユーザーが見てくれているのかがわかります。視聴分析をすることによって、ユーザーがどんな動画に興味を持っているかが理解できます。また、どんな動画に興味がないかもわかるでしょう。ユーザーの興味がわかれば、動画を作成する際の参考になるはずです。

どこまで分析できるのか

動画の再生回数だけでは、真のユーザーなのかはわかりません。このサービスでどこまで分析できるかですが、動画の平均的な視聴回数、平均的な再生時間、新規の視聴なのかリピーターなのか、どこのサイトで見られているのかなどがわかります。ユーザーがその動画をどこまで見たか、どのタイミングで見るのを止めたのか、また、早送りしないで見たかどうかなどもわかりますから、視聴分析することで無駄な動画を作らずにすむでしょう。

広告のクリック回数は

動画配信の目的は、ユーザーに広告を見てもらうことですから、クリック数を上げることが大切です。視聴分析で広告のクリック回数についても確認できます。ユーザーがどんな広告をクリックするかまでは予測できませんが、おおよその傾向がわかれば、より収益率の高い広告をクリックしてもらうことも可能で、それだけ多くの広告収入が得られるようになるでしょう。視聴分析をすることで無駄な動画配信をすることなく、効率的に動画を作れるようになります。

ストリーミングとは、WEB上の動画や音楽を再生する際、全てをダウンロードするのではなく、一部をダウンロードしながら少しずつ再生し、再生し終わったデータを端末に残さない方式のことです。

映像配信はココ