サーバーをレンタルする上で考慮すべきポイント


レンタルサーバーの種類について

外部のサービスなどでウェブページをホスティングが簡単にできてしまう昨今、サーバーをレンタルしてできることは何なのでしょう。

「サーバーをレンタル」する場合、まるごと一台サーバーを専有する場合と他の人と共有する共有サーバーがあります。前者の場合は専用のサーバーを専有できるため、他の影響を受けることなくサーバーリソースを使い放題なのがメリットです。後者はサーバーリソースを専有できませんが、その分コストが安いという特徴があります。また、最近はクラウドサービスの発達によりバーチャルマシンによるクラウド上のサーバーレンタルも一般的になりつつあります。

専有サーバーのメリット

専有サーバー(クラウド上のサービスも含みます)の場合、システムを含めたソフトウェアのカスタマイズ、追加などが自由にできるため、自分の好きなソフトウェアを入れたり、既存のソフトウェアに変更を加えることができます。サーバーのスペックについても導入時に用途に応じて選択すれば、サーバー運用スタート後の負荷にも対応しやすくなります。また、最近のクラウド上のサービスでは負荷に応じてハードウェアの能力(台数なども)増減させるスケールアップ・ダウンなどが可能になっているものもあります。

トラブル対応のことも考えてサービスを選びましょう

サーバーをレンタルする場合は信頼できるサーバ会社を選ぶことが必須になります。実際にレンタルする前に、その会社で提供しているサーバーのハードスペック、トラブルのあった場合の対処の方針などについてはチェックしておいた方が良いでしょう。また、自動バックアップサービスやデータ復旧についても提供しているかどうかのチェックが必要です。データに冗長性をもたせればもたせるほどコストは上がりますが、実際に何かトラブルが起こった際に慌てることのないよう、サーバーを提供する会社のサービス内容はしっかりと事前に確認しておきたいものです。

レンタルサーバーを選定するのに際しては、様々な業者の中からよりコストパフォーマンスの良いものを見極めることにあります。

続きを読む
ホームページ作成を探す