リーダー育成に関する研修は数多くあります


リーダー育成は特に中小企業にとって緊急の課題です

リーダー育成に関しては、特に人材不足の中小企業において緊急の経営課題となっていると思われます。中小企業にとって、業務を拡大していくためには人員を増加させ体制を整える必要があります。アベノミクスでも人を増やす、という点には力を入れている為、補助金等を獲得する上でも体制作りは重要です。しかしながら、中小企業では上司自身の仕事が大手企業と比べても広範囲にまたがっており、部下へ仕事を教える時間が少ないのが現状です。

上手く研修を活用しリーダーを育成することも大切です

一般的に、研修にはOJTとOFF−JTと2種類あります。OJTは、実際の仕事をしながら学ばせていく実地教育システムです。時間やお金等の経営資源の無い中小企業では、殆どの場合がこのシステムでしか教育していないのが現状です。このシステムでは、実務的な仕事の方法ややり方、現場での気の配り方等については身につきやすいですが、組織経営についての見地に欠けるきらいがあります。リーダーは少なくともそのグループにおいて高い見地から見る能力が無ければならず、そういう観点は研修で学んでいくことも必要となります。

研修にも様々な形があります

リーダー育成研修といっても、様々な研修があります。公的若しくはそれに準ずる機関が実施しているもの、コンサルタント会社が実施しているもの等実施主体も様々です。例えば、独立行政法人中小企業基盤整備機構の中小企業大学校では数泊の泊まり込みの研修も実施しています。かなりの金額が掛かりますが、それなりに中味の濃い内容になっています。また、商工会議所や商工会といった経済団体でもリーダー向けのセミナーを開催しています。価格を抑えたいのであればこれらを利用するのも良い方法です。

社員研修は新入社員だけでなく、中堅社員や管理職に対して実施されることもあります。社員のステージにあった研修内容で継続的に行われるのが望ましいとされています。

社員教育を調査